おしごとINTERVIEW

FEATURE

ホーム > おしごとINTERVIEW > クリーニングサービススタッフ

INTERVIEW

クリーニングサービススタッフ

クリーニング店長としてスタッフのマネジメントの他、品物の受け渡し、衣服などの穴あきや破れを確認する検品、クリーニング工場への出荷、確認番号などの見出しの取り付けなど一連の業務も兼任。店舗のディスプレイやPOP 作成など多岐に渡ります。

お客様のために笑顔で届けるプラスαのキレイさ とにかく「楽しみながら働く」ことを大切に

太洋舎への入社の決め手は?

実家から近くにある店で、元々身近な存在でした。単純に「クリーニングってどんな仕事?」と興味を持って、高校1年の夏からバイトを始めました。工場内で、今まで見たこともなかった巨大な洗濯機で衣服を洗っている所、プレスしている所を見られてトキメキを感じたんです。

最初から上手くできましたか?

実は人と話すのが得意な方ではなかったのですが、工場の先輩方が優しく接してくれたこと、受け取りに来たお客様から「キレイになったわ、ありがとう」と感謝されたことが嬉しくて、接客をするのが楽しくなりました。それで、そのまま太洋舎へ就職した形です。

店長となって10 年。どんな所に成長を実感しますか?

バイト時代から数えると、もう20 年程この仕事を続けていますが、「お客様のために」と思って行動した時に成長を感じますね。時代と共に、ファッション、生地や素材が変化します。その都度、専門的な知識も得なければいけないですし、常に学ぶ姿勢を持つことで、お客様によりよいサービスを提供できると思っています。

スタッフには仕事を教える際にどんなことを伝えていますか?

私よりベテランのパートさんも少なくないので、公私共に教わることが多々ありますし、日々勉強です。どのスタッフにも必ず伝えることは、「笑顔を大切に」。笑顔によってプラスアルファのキレイさもお届けしたいです。

お仕事のモチベーションは何ですか?

今まではお客様からの感謝の言葉や微笑む姿が何よりの喜びでしたが、店長になってからは、スタッフに「仕事が楽しい!」と言って貰えるのもモチベーションになっていますね。

忙しい時期を乗り越える秘訣は?

クリーニング店は冬物をメンテナンスする4・5・6 月と9・10 月が繁忙期なんです。その前後にスタッフ同士で頑張ろう・お疲れ様会を開いて、美味しいご飯を食べながら互いに褒め称えています。

オフはどんな風に過ごしていますか?

休みがきちんと取れるので、趣味の旅行やカフェ巡りを楽しんでいますね。ドライブも好きなので、仕事終わりに現地で前泊して、翌日は自然に触れて、コーヒーを飲んでまったりして。リフレッシュのひとときを満喫することで、心のクリーニングもしています。

INTERVIEWEE

有限会社 太洋舎

古河イオン店

村上 伸枝さん

茨城県古河市出身。高校時代から太洋舎でバイトを始める。同社の居心地の良い社風、スタッフの人柄の良さに魅了され、気付けば在籍は20 年余り。趣味は旅行、ドライブ、カフェ巡り。

出身校
佐野清澄高校
部活/バイト
高校時代から太洋舎一筋!
学生時代
とにかくバイトに夢中。青春時代を今の会社で過ごしました!

クリーニングサービススタッフの
オススメポイントTOP3

  • 従業員はクリーニング代が半額!
  • 制服がかわいくて毎日キレイ♪
  • 世の中のトレンドがキャッチできる!
有限会社 太洋舎の企業ページはこちら