おしごとINTERVIEW

FEATURE

ホーム > おしごとINTERVIEW > モバイルアドバイザー

INTERVIEW

モバイルアドバイザー

モバイルショップで日常生活に欠かせない携帯電話の販売や契約、操作や料金プラン 等を案内、提案するのが主な仕事です。故障や不具合などの修理受付、契約等の事務処 理、商品管理などショップ内の業務全般を担います。

物事の視野が広がり、頼られる存在となる喜び 十人十色のお客様とのコミュニケーションが醍醐味

モバイルアドバイザーになろうと思ったきっかけは?

学生時代に当店へスマホを買いに来た際、店員の方がとてもフレンドリーでした。質問が多い母にも親切に対応してくれて、それが「とても素敵だな」と感じました。ちょうど就活を意識した頃で、接客業に興味がありました。タイミング良く求人が出ていたので、当社への就職を決意しました。

仕事のやりがいを感じる時とは?

実は入社前、携帯電話に関して、あまり詳しくなかったのです。しかし今は日々登場する新機種や新プランをいち早く知ることができ、知識の幅を広げられる面白さを感じています。また、お客様は十人十色。当店はご家族連れのお客様や30 ~ 60代の方がメインで、中でもご年配の方のリピーターが多いです。お客様によってニーズがそれぞれ違うので、飽きのない仕事であることが気に入っています。

印象に残っているエピソードはありますか?

携帯電話の操作がよく分からないご年配のお客様がいたのですが、理解していただくまで、噛み砕いて、根気よく説明しました。すると次第に操作が出来るようになり、お互いに喜び合ったシーンが印象に残っています。そのお客様はその後も、「佐藤さん、また教えてくれますか?」と私を指定して来店されるようになりました。お力になれて何よりですし、頼りにされて、嬉しさを感じます。

仕事を通じて、成長した部分は何ですか?

携帯電話関連や社会の一般常識等の知識はもちろんですが、人に対しての視野も広くなったと感じます。昔から人を見ることが好きでしたが、お客様やスタッフといった周囲を意識する機会が増えました。お客様が何を求めているのか、スタッフがサポートを必要としているかなど、自分から気付けるようになったのは大きいと思います。

今後の目標を教えて下さい。

お客様とのコミュニケーションを、より一層大事にしていきたいです。来店するお客様は何かしらの悩みや要望を持っているもの。それをスムーズに解決していきたいです。ご年配の方にも暮らしを豊かにするスマートフォンなど、心から楽しんでいただく手助けをしていきたいです。そしてお客様から良い評価を得られたら最高です。

INTERVIEWEE

株式会社荒蒔デンソー

ドコモ シーサイドひたちなか店

佐藤 真帆さん

2000 年茨城県ひたちなか市生まれ。中学時代はバスケットボール部に所属。オフの日もスマホライフを満喫し、ゲームや音楽に夢中。好きなアーティストはRADWIMPS。

出身校
那珂湊高校
部活/バイト
ドラッグストアでレジ打ちをしていました!
学生時代
アクティブ派。休日も外に出る日が多 かったです♪

モバイルアドバイザーの
オススメポイントTOP3

  • 生活に欠かせない携帯電話の 知識が増える!
  • 地域の人脈が広がり、 顔見知りが増える!
  • ケースバイケースの対応で 飽きが来ない!
株式会社荒蒔デンソーの企業ページはこちら