おしごとINTERVIEW

FEATURE

INTERVIEW

製鋼工

アーク放電と呼ばれる雷に似た放電を科学工学的に発生させ、その放電熱によって鉄を融解し、鉄のスクラップなどから不純物を取り除き精錬することで鉄材を再生します。鉄鋼は国内外ともに需要が絶えない資材なので、リサイクルによって地球資源を守ることもできます。

循環型リサイクルによって地球資源を守り 再生によって暮らしに役立つ製品を産み出しています

鉄筋製造とはどんなお仕事ですか?

鉄スクラップを電気炉で溶かし、精錬・成分調整を行い、成形して鉄筋へ生まれ変わらせる仕事です。私の所属は炉前で、溶かした鉄にバナジウムなどの副資材を加えて成分調整をする工程を担当しています。パソコンで分析値を確認し、必要な強度に調整を行います。

この仕事に就こうと思ったきっかけは?

高校の先輩が多く、親戚も働いています。興味を持ったのでどんな会社か聞いたら、やりがいがある仕事で、職場の雰囲気も仲が良くていいと話してくれたので魅力を感じました。三交替制の勤務にも興味を持ち、福利厚生や手当も充実しているところに惹かれました。

仕事をするうえで、難しい、大変だと思うことはありますか?

調整前の成分値は毎回バラバラで、それを調整するには頭をつかいます。時間も限られているので一発で調整を決めなくてはいけないときもあり、難しいですが、その分思い通りにできたときは爽快感があります。交替制勤務に慣れるまでは睡眠不足になることもありましたが、半年ほどでペースがつかめました。

仕事にはどんなやりがいがありますか?

自分で考えて成分調整したものが、鉄筋という製品になり、線路やマンションなど様々な場所に使われて役立っていることに誇りを感じます。夜勤のシフトでは、みんなが寝ている時間に働くので、特別感があっていつもより気分が上がります。

職場はどんな雰囲気ですか?

先輩方は優しくて気さくで、休憩中にはプライベートの相談などいろいろな話をします。工場に風呂場があるので、さっぱりした気分で帰宅できるのがいいですね。会社のフットサルチームにも入りたいと思っています。

オフの日はどのように過ごしていますか?

彼女とカラオケやカフェ巡りしてデートしたり、スノボや映画鑑賞などの趣味を楽しんだり、好きなことをして過ごしています。また、体を休めるためにストレッチをして、疲れにくい体をつくるために筋トレにも励んでいます。

鉄筋製造業を志す学生へひと言お願いします

資源の再利用を通して、環境保護や社会貢献にも役立つ仕事。資格を取って次のステップを目指すこともでき、やりがいと成長を感じますよ。

INTERVIEWEE

株式会社 伊藤製鐵所

筑波工場

矢口 吏久さん

茨城県出身。小学3 年生から高校までサッカー部に所属し、体力には自信アリ。休日の楽しみは彼女とデートすることで、3 年後には幸せな結婚生活を送っている予定。

出身校
つくば工科高校
部活/バイト
サッカー部
学生時代
負けず嫌いな性格で、ゴールキーパーのポジションを全力で守りました

製鋼工の
オススメポイントTOP3

  • 暮らしに役立つ製品をつくるやりがいがある
  • 資源のリサイクルを通して社会貢献できる
  • 交替制勤務で、充実した手当が受けられる
株式会社 伊藤製鐵所の企業ページはこちら